読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばんみたいビジョン目指して

Love-tuneと末澤くんにハマった重岡担のブログ

Love-tuneのCALLについて

こんばんは


少クラ見てたり、いろんな方のブログを見てたりしたら感情のはけ口がなかったので書きます。

今更ですが、OAされてから何十回と聴いてきたLove-tuneのCALLについてです!もう好きすぎて最初のベースフレーズ覚えちゃった…いつか全部覚えてTVの前でみゅーとくんと一緒に弾きたいな〜〜いや、やる。

歌詞の和訳や表しているであろう意味などは、ブログに書かれてる方がいたので「Love-tune CALL」でググってください!多分出てきます!



バンド形式のを聴いたのはFIRE BEATがはじめてだったので曲が始まって最初の印象は、バンドか!っていうより「おお〜〜ピンク!ショッキングピンク!」でした。あのピンクの衣装可愛いよね。好き。


安井くんの「Oh my god!!!」可愛い〜〜安井くん〜〜!!フゥ〜〜〜〜って言いたい!!!

Aメロ始まると1人1人のパート。ここは1人1人歌ってる歌詞を見てみると「おぉ…」と。わたしはずっと(Love-tuneができる前から)彼らを見てたわけではないので何とも言えませんが。私としては「I don't wanna〜〜」でれおの歌声がガッツリ聴けたのが嬉しかったな。MasterpieceやFIRE BEATでは無かったソロ嬉しかった。あと「いつだってMake it」のとこでらんちゃんがカメラから目線外したとこがとても好きでした。

Bメロ〜〜!安井くんソロ!からの萩ちゃん、真田くん、みゅーとさん。歌詞とかいう前に単純にここめっちゃ好き。安井くんソロから歌詞をまじまじと見ると(歌詞とか考えずに10回以上見たあとだった)「hate」「scared」この先も「ホラー」とか「walking dead」など暗め、強い言葉を使うなあという印象でした。そして安井くんソロのときの安井くん、とても好きなんですよ。目がとてもギラギラしてません??強い。言い表し方よくわかんないけど彼のそのギラギラしてる目が好きです!

次にサビ!最初はV字で、あとからTwitterで見かけたんですが、V字のあとハート型だったんですって?まさにらぶ!とてもキャッチーで耳に残るよねこの曲のサビ。この間は「あ〜〜ヤバい」しか言ってなかったのでまたラスサビの時に。

間奏からCメロ(?)。みなさん言ってる方多いけど、個人的に楽器陣とボーカルが一列で入れ替わるとことても好き。お互い「任せた!」みたいな。

ここはメロディー好きだし、歌詞もまあすごい。アドレナリンGive me!!!わたしもできる限りのエネルギーぶん投げるよ!みゅーとさんが「託すようなもんさ」までで全員で「回せリボルバー」っていうとこ好き。とても力強い!一番よりもとても前向きな「believe」「I can do it」。そして「誰かと同じスピードじゃ追いつけそうもないmy dream」ってのめっちゃ好きです。なんならこの曲の中でいちばん好き。


よっしゃラスサビ〜ラスト!突き抜けろ!ラスサビはバンド形式。本当に勢いがあるし強い。ボーカルがハンドマイク持って歌う姿、楽器弾きながら歌う姿もうとてもかっこいい。楽器についてはいろいろ言いたいことあるけどいいや。そして最後の「Show me what you got just do it」「Bring it now!!!」らんちゃんのシャウト。少なくとも私が見てきた中でこんなシャウトした方いなかったぜ。このシャウトといえ最後の安井くんの「Thank You!!」といい、ちょっとどこのバンドマンだよ!って思ったけど、力強さが出ててとても好きでした。


聴き終わった感想は「ヤバい」。ヤバいしか出てこんかった…。それから何回もリピートしまくって今に至ります。


この曲全体通してにもなるけど、数え切れないほどたくさんのJr.やユニットがいる中で「俺を見ろ!」「俺たちを見ろ!」というのがひしひしと伝わってくる気がします。そのようなとこから全力さやギラギラ感が滲み出てるのでしょうか、アァかっこいい。


昨日、らんちゃんが「魔女の宅急便」のミュージカル出演が決まってLove-tuneの中から安井くん、真田くん、モロちゃんに続いて4人目の外部舞台への出演、しかもトンボ役ってほぼ主役じゃない?すごいですね。しかも、この前の少クラのあと(?)「顕嵐くんと長妻くんを是非撮影してみたい」というカメラマンさんのツイート見たし、最近に限らずだけどLove-tuneの勢いがすごい。


これもTwitterやブログで見かけたんやけど、この曲について安井くんが「先輩たちにはない曲をやりたかった。自分たちの希望も入った曲だ」って言ってたっていうのを見ました。上に行くには先輩たちと他のJr.と同じようなことももちろん必要だけど、それだけだとダメ。それが全員なら「バンド」であって、個々なら個々の持ってる強みのことなのかしら。あくまでバンドメインじゃなくてバンド「も」できるってこと。そこでこのようなCALLという曲を選択したLove-tuneのみんな攻めたね、すごいや。

まさに「誰かと同じスピードじゃ追いつけそうもないmy dream」って感じ。


前も言ったけどあの7人の色の大きな会場でCALLを聴きたい、ハートがちりばめられたうちわを持ってペンラとついでに頭も振りたい!Love-tuneのロゴが入った銀テを掴みたい。単独コン、まだですか!!!!????絶対行きます!!!!!!

それは私が勝手に思ってることだし、そうしろと言ってるわけでもない。そして在り来たりな感想と叫びばっかだけど、心の中にはいろいろある。わたしは7人になってからの彼らしか知らないド新規だし、今まで人数問題だとかプライベート他多数のいろんな問題はあったと聞きました。わたしはそういうことに対しては思っても、Twitterなどではグチグチ言わない。”アイドル”である彼らが好きだから。自分だけじゃなくてそれを見てしまった人も不快になるし。私はただただ彼らがいく道を追いかけたい。って彼らをみて思った。


彼らは「歌、ダンス、楽器全てをこなす」って言われてたけど完璧なんかじゃないし、見れば見る程、好きになればなるほど、言いたいことだってたくさんでてくる。でもそれでさえも楽しい。次にはもっとすごいステージを見せてくれることもあるから。そしてそれって強いよね、クオリティも高いし、今から伸びる可能性だってあるし持ってる武器も多いんだから。

私がここで言ってることって「私が彼らのLove-tuneのファンだから」っていう贔屓が出てきてるけど、それは仕方ない。だって好きやから!「どこが好き?」とか言われても、たくさん語りはするけども好きなもんは好きなんやから!に帰結しちゃう。そしてその贔屓の分だけ、言いたいことはたくさんある。


チャンスがある「今」、すごい勢いに乗ってる「今」もうやるしかない、前に進むしかない。Jrやからいつどのようになるかわからない不安定な状況やけど、この勢いのままいろんなことを、サビにもあるけど「彼らが思う『栄光』」を掴み取ってほしい。その日まで、その日が来てもずっと応援していたい。


Love-tuneとしての活動ならJr.祭り、デビュー組のバックにつくならそれも、みゅーとさんは掛け持ち、モロちゃんとれおさんは陸上部、顕嵐ちゃんはミュージカル!グループとしても、個人としての活動も頑張ってください!

Don't stop!You can do it!わたしは今Love-tune担でいることが、Love-tuneを追うことがとても楽しい!心がしんどいってなる時はあるけど、とても楽しい!どれも見に行けないと思うけど遠くから応援しています。


Love-tuneが気になるとか好きとかいう方、少クラや是非ググっていろんな方のブログなど読んでみてください!Love-tune楽しいよ!沼で待ってます〜〜!ハァ、単独コン行きてえ!


「I hear the future call」






よかったらTwitterもよろしくです。

→@am_32bass